セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

「美味しい」「楽しい」「美しい」を
セニョーラ・あ〜が食いしん坊目線でご紹介。
<< サンジョルディの日にロゼ? | main | ボイリングメッシュで、パスタのついでに温野菜サラダ >>
たけのこゆでて・・・
たけのこ煮

今年はいつもより、たけのこが目に入る機会が多く「朝堀りタケノコ、おいしいよ!」の声につられて、小ぶりの1本を買ってしまいました。

普段は水煮してあるものを買うことが多いのですが、ぬかまで付いて売っていたなら、自分でゆでなきゃねえ。お米のとぎ汁でゆでたっていいのに「ぬか付き」だと俄然、ゆでる気になるから不思議です。

たけのこをゆでる

1)たけのこはさっと洗って、皮を2〜3枚はぎ、先端部分を5cmほど切り落とします。そして、たてに切り目を入れておきます。

01

2)根元のぶつぶつした部分は、適当にそぎ取っておきます。

02

3)ぬかはお茶パックに入れておきます。

03

4)大鍋にたっぷりの水とぬかパック、唐辛子、タケノコを入れ、煮立ったら落としぶたをして弱火で1時間ほどゆでます。

04

5)竹串を刺して、すっと通る硬さになったら火をとめてそのまま冷めるまで、つけておきます。
(一晩つけておいてもいいですよね)

05

6)冷めたら水洗いして、皮をむきます。

06

7)すぐに使わない場合は、タッパーに入れて水をはり冷蔵庫で保存しますが、今回は小ぶりなので一気に食べてしまいましょう。(タッパーの水を毎日替えていけば、1週間ほど大丈夫だそう)

07

先端部分のやわらかい姫皮はお吸い物に、あとは、土佐煮にしました。といっても、だしつゆで煮ておかかを混ぜただけですが。残りは、たけのこご飯にまぜて完食しました。

ゆでているときのたけのこの甘い匂いは、郷愁を誘いますね。故郷の竹藪が懐かしい・・・。

【関連リンク】
たけのこご飯 レシピ


| 料理 | comments(0) | - |
広告









■ スマホ版へ切り換える