セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

「美味しい」「楽しい」「美しい」を
セニョーラ・あ〜が食いしん坊目線でご紹介。
<< ワインショップ・エノテカ広尾本店の3つのブラボー! | main | サントリー「おうちカクテル」イベントに行ってきました! >>
「トーヨーキッチンスタイルTOKYO」に行ってきた!
かねてより気になっていた南青山の
トーヨーキッチン」に行ってきました。
ここはシステムキッチンのショールームですが、
ガウディやダリの椅子もあるんですよ。
これは実物を見にいかなくちゃね。

ついでに、システムキッチンも見学!
(って、ついでかい?)
すみません、今のところ、家を建てるだの
リフォームだのという予定がないもので・・・。

※2012年12月に再訪。
もう椅子は置いてありませんでした。
以下、参考までに…。

■地下鉄表参道駅から徒歩2〜3分。

「トーヨーキッチンスタイル東京」の最寄り駅は表参道。
A4出口を出て、西麻布方面に向かって歩くと、
プラダとカルチェのある交差点に出ます。
これがヘルツォーク&ド・ムーロン設計のプラダビル。

プラダ

その反対側の角を曲がって50mほどで到着です。
外からも、ゆったりしたショールームであることがうかがえます。

トーヨーキッチン

■1階は実用的、2階はアート的に美しい空間。

中に入ると、来店目的に合わせて案内してくれます。
1階は実用的なシステムキッチンや家具、照明、壁床素材など。

ここで面白いなと思ったのは、シンクやレンジなどの単体を
自由に組み合わせて作る「PUTTON」というシリーズ。
例えば、お気に入りのアンティークテーブルにだって
シンクやレンジを付けることができるんです。
いろいろにデザインできるモザイクタイルの使い方も
興味深かったですね。

そして2階は、ライフスタイル別のゴージャスな展示。
第一印象は「ここがキッチン? ダイニング?」です。
確かに流し台や調理台が付いたシステムキッチンがあるんだけど
家具と調和してて、まるでリビングルームのようなんです。

というかね、展示された状態では生活感があんまりないので、
そこで料理したり、みんなで食べたりできたら素敵だろうなあ。
ああ、セレブな空間やわ〜(はあ〜溜息・・・)でした。

コンセプトは「キッチンに住む」。
最初は意外に思えたのだけど、囲炉裏のある家を思えば、
ごく自然なことで、これは現代版なのかもしれないですね。
こんな感じでイスとの組み合わせも。

ここにガウディやダリの椅子を置いたっていいわけですね。

■ガウディとダリの椅子

ガウディとダリの椅子は、2階フロアに展示されていました。
どちらも透明なケースに入っています。

ガウディの椅子は「Calvet Chair」
カサ・カルベのためにデザインしたアームチェア。
ガウディ生誕150周年を記念して復元された椅子で
当時と同じ素材(光沢のある無垢のオーク材で)で
作られています。1脚 798,000円

丸みを帯びた曲線がいかにもガウディで
背もたれのハート形がかわいいんです。1脚ほしい。

ダリの椅子は「Leda ArmChair」
「薔薇の頭の女」に描かれている金色の椅子がそのまま形に
なっています。ダリ存命中から、絵画の中のイメージを
実際の家具として具現化する計画があり、1990年より
立体化され始めたそうです。1脚 1,764,000円

絵と同様3本足で、足先はハイヒール、ひじかけは手という
シュールなデザイン。椅子というよりオブジェのようです。

それぞれどんな椅子かは、トーヨーキッチンサイトの
Bdバルセロナデザイン製品のページをご覧くださいね。

■夢見るシステムキッチンショールーム

ショールームを見ていると、だいたい夢が膨らみますが
ここもそう。そして夢を持って帰りたくて、カタログを
こーんなにもらってしまいました。(笑)

カタログ

これからおうちを建てようとか改装しようとか
そんな予定のある方は、一度足を運んでみてはいかがでしょう。
インテリアや家具にこだわりのある方は特におすすめです。
ショールームのスタッフの方が気持ちよく迎えてくれますよ。

【参考リンク】
トーヨーキッチンサイト
| バルセロナ | comments(6) | - |
広告
あ、行ってきたんだ〜。
う〜む、でも、キッチン用品にあまり興味がない男が椅子だけ見に行くには、敷居が高そうだなあ・・・。どうしようか。
| KLE4c | 2009/04/20 11:59 AM |
男性の方もちらほら見に来ていましたよ。
ショールームは、なかばインテリア家具を鑑賞する雰囲気。
インテリアデザインに興味のある方には、面白いんじゃないかなあ。
5月には、モザイクタイルを使った作品の展示もあるようです。
「椅子を見に来ました」っていえば、きれいなお姉さんが
「お2階です、どうぞ」と案内してくれますよ。
表参道あたりにお出かけの際は、ついでにぜひ。
| あ〜 | 2009/04/20 10:24 PM |
nikko81です。

インテリアトレンドショーとか
100%Designとか、インテリアデザインモノの
展示会とかけっこう好きです。

そんな感覚なんでしょうかね?
後学のために(?)見に行ってみようかなぁ。
| nikko81 | 2009/04/20 11:52 PM |
うんうん、ぜひ。
スペインのデザイナー、ハイメ・アジョンの椅子やソファーもあって、
それらとシステムキッチンが、美しくマッチしてるんですよ。
わざわざ行くまでもないかもしれないけど、ついでがあれば・・・。
| あ〜 | 2009/04/21 12:58 AM |
やっと東京デザイナーズウィークついでで見てきました。入口でデザイナーの方ですか、でしたらお名刺・・・とか言われて困りながらも、そそくさと2階へ。
確かにしっかりガラスのケースにプロテクトされてましたね。ガウディーの椅子の曲線が彼の作品ぽくて、でも温かみがあって、ぜひとも触ってみたかったのだけれど、そう思う人は山ほどいるだろうからの処置で、仕方がないのだろうとは思うのだけれど、とっても残念でした。
| KLE4c | 2009/11/04 12:14 AM |
KLE4cさん、行かれたんですね〜。
椅子ならやっぱり、さわったり座ったりができなくちゃねえ。
買いたい!っていったら、ケースから出してくれるんでしょうか。
そういえば、東京デザイナーズウィークでしたね。
ドリンクサービスがあるというスペイン大使館には行ってみたかったのだけど
忘れてた!(だめじゃん)
| あ〜 | 2009/11/04 11:58 AM |









■ スマホ版へ切り換える