セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

「美味しい」「楽しい」「美しい」を
セニョーラ・あ〜が食いしん坊目線でご紹介。
<< 六本木ヒルズクッキーと白い象 | main | まるでワインな「私の休日」&スペインワイン >>
ブールドネージュとポルボロン
スノーボール

この白いボールクッキーは無印良品の「ブールドネージュ」。<スペインでクリスマスシーズンに食べられていたアーモンド入りの菓子を現代風にアレンジ>とパッケージに書かれていたんで、おっ!スペインか、と反応して買ったのだけれど、そのお菓子って何なんでしょうね。ポルボロンなのかなあ。

無印

食べてみたのだけれど、別にほろほろする感じでもなく、さくっとしたアーモンドクッキーで、ポルボロンというよりスノーボール。あ、すなわちブールドネージュ(白い雪玉)か。わざわざ、スペインのってしなくてもフランス菓子でいいような気もするんですが・・・。スペイン発祥の菓子という意味ぐらいかもしれません。

ポルボロンもスノーボールも小麦粉とアーモンド粉を使いますが、ポルボロンは粉をあらかじめ炒っておくので、食感はホロホロ。スノーボールは、そのまま使うので、サクサクです。

ポルボロン。日本では、志摩スペイン村で売っていますね。あと、東京・田園調布の「レピドール」でも「ポルボローネス」という名で販売されています。

こちらは、日本人の口に合うように多少アレンジされていて、粉と油を混ぜて煎るように焼いてから、粉砂糖とプラリネペーストと混ぜるのがコツだとか。(先日の朝日新聞「逸品ものがたり」より)

そうかあ、プラリネペーストかあ。こくが出て、おいしくなりそう。わたしが作る「ポルボロン」には使ってないからなあ。

ポルボロン系の白いお菓子、手作りするもよし、買ってくるもよし。クリスマス気分が高まりますね。

<参考リンク>

ポルボロン レシピ

レピドール ポルボローネス

| 食品 | comments(4) | - |
広告
あ〜さんはじめまして!
かなり前からこちらのブログ、拝見していたのですが、コメントは初です。
というのも、先日紹介されていた「マーマレード煮豚」が本気で簡単&おいしくてどうしてもお礼を言いたくなってしまいまして。
メモ取らなくてもいいくらい簡単なレシピなのに、あそこまでおいしいって感激でした。
家の人にも好評で、すでに2回つくってます!
ほんとに素敵なレシピありがとうございます!

ところで、ポルボロンといえば、新百合ヶ丘のケーキ屋さん、リリエンベルグにもありましたよ。
ポルボローネって名前ですが。
とにかく繊細な感じでスペインのものとは微妙に雰囲気が違う気もしましたがとってもおいしかったです。
http://www.lilienberg.jp/yakigashi-po.html
| あひる | 2008/12/15 3:32 PM |
あひるさん、こんにちは!
さっそくマーマレード煮豚を作ってくださって、うれし〜。こちらこそありがとうございます。お口に合ったようで、よかったよかった、ほっとしました。
リリエンベルグのポルポローネ情報もありがとうございます。ナッツペーストと和三盆が使われているんですね。優しい甘さで和菓子のような上品さが漂ってそう。やはり、多少アレンジしたほうが、日本人の口には合いますよね。
| あ〜 | 2008/12/15 8:52 PM |
白くて丸いものって、口に入れたくなりますね。
何故でしょう???

数年前に間食撲滅宣言をしたのですが、
コレ、明日、無意識のうちに買っているような気がします。
| nankuru | 2008/12/16 8:54 PM |
nankuruさん、白くてまるくて・・・そうですね〜
一口サイズっていうのも、その要因のような気がしますね。
なんか「口に入れたくなる法則」っていうのがあるのかも?
| あ〜 | 2008/12/16 9:58 PM |









■ スマホ版へ切り換える