セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

「美味しい」「楽しい」「美しい」を
セニョーラ・あ〜が食いしん坊目線でご紹介。
<< マッシュルームとレンズ豆の炒め物 | main | ミントですっきりさわやか。 >>
ダリ風「トマトのタルト」ができるまで
タルト

サルバドール・ダリの料理書「ガラの晩餐」を参考に「トマトのタルト」を作ってみました。

「ガラの晩餐」に掲載されている材料は以下のとおり。(緑色の斜体文字がオリジナル)

<フィリング>
・トマト     1kg
・砂糖      400g
・白ワイン    1カップ
・レモンの絞り汁 1個分

<タルト生地>
・小麦粉     250g
・バター     200g
・卵       1個
・水       大さじ1

砂糖もバターもたっぷりです。ボリュームがありますね。そこで、ところどころアレンジしながら作ることに。

タルト生地は、量を半分にして、レシピ通りの作り方で再現します。

・小麦粉     125g
・バター     100g
・卵       1/2個
・水       大さじ1/2

バターを水に入れ、煮立てぬように溶かす。小麦粉の真ん中に穴を作り、卵、塩少々、とかしバターを入れてまぜる。丸い生地の玉を作り1時間ねかせておく。

01

02

バターが多くしっとりした生地です。生地をねかせている間にフィリングを作ります。

フィリングもこのままだと量が多いので、やはり半分以下で作り、必要なだけ詰めることにしましょう。

・トマト        3個(正味400g)
・グラニュー糖     160g
・白ワイン       1/2カップ
・レモンの絞り汁    1/2個分

トマトは皮をむき、種をとってこまかく刻む。シチュー鍋に入れ、砂糖、白ワイン、レモン汁を加える。はじめの30分は蓋をし、そのあとは蓋をとって1時間ゆっくりと煮る。

といことでしたが、ずっと蓋はあけたままで煮詰めました。

03

04

通常なら、これをタルトに詰めて仕上げるのですが、これでは、ジャムを食べているようなもの。なので、ミニ・トマトのコンポートを詰めることにしました。

・ミニトマト     1パック
・水         1カップ
・白ワイン      1/2カップ
・グラニュー糖    大さじ3

05

フィリングが用意できたところで、タルト生地です。

生地を厚さ1cmにして広げ、タルト型に入れる。トマトをその上に注ぎ入れ、180度のオーブンで30分間焼く。

生地を麺棒で伸ばして、型にぴっちり入れ、フォークで穴をあけます。さくっと焼き上がるように10分空焼きをしておきました。

06

07

08

それから、ジャムをうすく敷き、コンポートを詰めて180度のオーブンで焼いていきます。30分たったところで取り出してみましたが底が半焼けだったようなので、さらに20分焼いて仕上げました。

09

トマトのタルト。おいしっ〜。でもやっぱり甘い・・・。

もう一度、今度は自分流でトライしてみましょう。トマトは、ジャムにしてもコンポートにしてもフルーツに負けないおいしさでしたから。

このダリ風トマトのタルトは「たべるの」でも紹介させていただいてます。トマトのタルトの中にみたダブルイメージとは?あわせてご覧いただけると嬉しいです。

【関連リンク】

サルバドール・ダリの世界にひたるグッズとダリ展情報


| 料理 | comments(2) | - |
広告
すご〜い!トマトのタルトなんて初めて見ました!!こんな素敵なタルトが食後に出てきたら嬉しいです。でも、何を飲んだらいいですか?
| サキ | 2008/08/20 10:54 PM |
これは紅茶がいいかな〜。
トマトがほんのり甘酸っぱいので合うと思います。
と言いつつ、わたしはカフェオレと一緒に食べたような・・・。
どんな飲み物と合うか、今度作ったらちゃんと検証しなくちゃね。
| あ〜 | 2008/08/21 12:49 AM |









■ スマホ版へ切り換える