セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

「美味しい」「楽しい」「美しい」を
セニョーラ・あ〜が食いしん坊目線でご紹介。
<< 国宝薬師寺展とクッキー | main | 本所吾妻橋「ダイニング4628(yorozuya)」 >>
神谷町「カマロン」
カマロン

スペインのボンバ米を使った米料理です。
ぱらっと炊きあがっていて、全然しつこくなくて優しい味。
パプリカ風味で、これといって豪華な具材が入っている
わけじゃないのに、おいしいのはなぜでしょう。
出汁かなあ?

神谷町のスペインバル「カマロン」に行ってきたんですよ。
ついに。
訪問しようと思いつつ、あのあたりには縁がなくて
行きそびれていたのですが、この地域に詳しい先輩と
軽く夕食をとることになり、実現しました。

夜9時を回っていたせいか、虎ノ門から向かったせいか
桜田通りから1本なかに入った愛宕山寄りの道は、
し〜んと薄暗くて、ほんとにお店あるの?ってぐらい。

ところが、お店のある角に来たとたん、
うわっ人がいた!(笑)

11

壁の一部がガラス張りになっていて、外からでも
店内の様子が見えるようになっていたのです。
どのテーブルもふさがっているようでしたが、
幸いカウンターには座れそうでした。ラッキー!

10

お店の前には、こんなメニュー看板がありました。
全部スペイン語です。ここで驚いていてはいけません。
入ってみると、お客様の1/3ぐらいは異国の方。
ひえ〜!(笑)ま、場所柄、外国人ビジネスマンが多い
ということなのでしょうけれど。

座ったところは、ベネンシアドールが描かれたタイルの前。
なんか年代を感じさせるいい雰囲気ですね。
気分は一気に本場のスペインバルです。

09

で、こんなふうに厨房がちょっとだけ覗けました。
シェフは1人で大忙し。黙々と作り続けていましたよ。

07

ビールは「エストレージャ・ガリシア」(880円)。

08

グラスワインは、白がリアスバイシャス、
赤がリベラ・デル・ドゥエロだったので
赤をいただくことにしました。(980円)

05

う〜ん、うまい! このワインはいいね。
特に、イベリコ豚のヒレ肉で作ったロモと食べると最高です。

01

しいたけのオリーブオイル煮。
おいしかったけど、やっぱりこの料理は
チャンピニオンのほうがいいかな〜。

04

ほたるいかの・・・えっと、こんなの(笑)

03

厚切りフランスパンにトマトをすり込んで
いわゆるパンコントマテ状にして、
その上にホタルイカのマリネをのせたものです。
手を抜いていない、ちゃんとしたタパス。
嬉しくなりましたね。

そして、おきまりのトルティージャ。
ほうれん草がぎっしりです。
結晶のようなお塩が振りかけてあり、
真っ白なアリオリが添えられていました。

02

マヨネーズ状のアリオリはよく見かけますが
こんなに白いアリオリは初めてです。

「なんでこんなに白いの?」と尋ねてみましたら
スペインからニンニクを取り寄せ
それをコンフィ状態にして作ったと。

なるほど。ニンニクからして違うわけですね。
そして、低温のオイルでじっくり煮る。
確かにニンニク特有のピリっとした辛みはありません。
今度、卵黄は入れないでこんなの作ってみましょうかねえ。
(このあいだは、ヨーグルトでごまかしたけどね)

そして、冒頭のボンバ米を使った米料理です。
こんなカスエラに入って出てきました。

06

これを食べ終わった頃、近くのテーブルから
「チェラスコ(牛ロースの陶板焼き)」のいい匂いが
漂ってきました。ああ、あれも食べたかったなあ。

というわけで、これらのお料理と、
ビール4杯、グラスワイン2杯で、しめて12,300円。

1人約6,000円ですね。決して安くはないけど、
本場の味を追求してる点を考慮すれば、こんなところか?
(実は、ご馳走になっちゃったんだけど)汗
ありがとうございました。ごちそうさまでした。m(__)m

常連さんで大賑わいのお店なので、わざわざ行くことも
ないのだろうけど、本場スペインバルの味と雰囲気を
求めるなら、ここはおすすめですね。

今度は、バル・カマロンか銀座のカサ・カマロンか? 
店名にもなってる「カマロン(甘海老の塩ゆで)」を
食べなかったのが心残りでね。いずれ、またそのうち。

追記
銀座「カサ・カマロン」に行ってきました(2008.9.10)
| レストラン・ショップ | comments(2) | - |
広告
料理の色がいい感じで、
店に入るだけで日本を脱出できそう!

ボンバ米は食べたことないけど、
パエリャは日本の米だと何となく粘つきがあって
違和感がありますね。

これをゴチになった?
う〜〜ん、許せない!
| nankuru | 2008/05/18 11:51 AM |
そう、ここは外国人の割合が高くてね、シェフも日本人ではないし。
なので、いい感じにスペインの雰囲気が味わえます。
パエリャは、日本だと、ササニシキあたりがいいんじゃないでしょうか。
コシヒカリは粘りがあるからね。あと、最近見かけないけど、長米とか。

| あ〜 | 2008/05/18 1:38 PM |









■ スマホ版へ切り換える