セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

「美味しい」「楽しい」「美しい」を
セニョーラ・あ〜が食いしん坊目線でご紹介。
<< クリムト展の美味しいグッズ(お菓子) | main | ついにTHE ALLEY(ジアレイ)の黒糖タピオカラテ >>
ウィーンモダン展の美味しいグッズ(おせんべい)
ウィーンモダン展の図録とおせんべい

新美術館で「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」展(2019年4月24日〜8月5日)をやっていますね。わたしはまだ行けてないのですが、図録と一緒においしいグッズを買ってきてもらったのでご紹介しますね。

ウィーンモダン展の図録

図録の傍らにある四角い箱が展覧会グッズの「ウィーンモダンおせんべい」です。

ウィーンモダンおせんべい

パッケージはウィーン工房の雰囲気をまとったデザイン。箱の内側の蓋に東京と大阪の会期が印刷されているので記念になります。

ウィーンモダンおせんべい

箱を開けると1枚ずつ包装されたおせんべい。というか、わたしの感覚では「おかき」です。実際、もち米で作られているようですし。

RICE CRACKERS(ライスクラッカー)という表記があったので、ポタジエのライスクラッカーっぽいのを思い浮かべていたのですが、うう、違いました。

ウィーンモダンおせんべい

海苔巻きが6枚、醤油味が6枚の計12枚入り。普通に美味しいおかきです。

エミール・ホッペのウィーン工房ポストカード「クンストシャウのパヴィリオン(中庭)」

ステッカーは、エミール・ホッペのウィーン工房ポストカード「クンストシャウのパヴィリオン(中庭)」でした。おかきのステッカーがすべてこの作品なのか、違う絵柄も入っているのかわかりませんが、これはレアもの。地味に嬉しい。

ウィーンモダン展の図録とおせんべい

クリムトやシーレが活躍した時代のモダンなウィーンアートを図録で予習しつつ、おかきをポリポリ。なんかミスマッチな感じもしますが、その頃はジャポニスムが流行ってたんだよね〜なんて思えば、これもまた良し?


【関連リンク】

美術展ナビ「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」サイト

新美術館サイト

「ポタジエのライスクラッカー」試食レポート


| 美術展の食とスイーツ | comments(0) | - |
広告









■ スマホ版へ切り換える