セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

セニョーラ・あ〜のブログです。
<< バベルの塔展のグッズ「シール入りキャラメル」と関連企画 | main |
東京・表参道「ブボ バルセロナのケーキ」
buboバルセロナのケーキ

2017年2月に東京・表参道にオープンしたスペインのパティスリー「ブボ バルセロナ(bubó BARCELONA)」。行きたいと思いつつ、あれやこれやでその機会を逃していたのですが、ついについに…

買ってきてもらいました。

すみません、自力ではなく他力で願望を叶えてしまいました。

bubo002.jpg

鮮やかなピンクの袋に入っていたのは、オレンジ色のケーキボックスにケーキ2種。白い紙袋にパン1種。「bubó」のロゴが決まってますね。


ジャンドゥージャ ラビオロ

ジャンドゥージャ ラビオロ

まずは白い紙袋に入っていた「ジャンドゥージャ ラビオロ」。パンと言っていいのか、ケーキと言っていいのか。

bubo011.jpg

この細かくヒダになったクロワッサン生地の美しさよ。

bubo003.jpg

半分に切ってみると、真ん中にジャンドゥージャ (プラリネとチョコレートを合わせたもの)が入っていました。サクサクのクロワッサン生地とチョコレートの饗宴。うまーい。これは菓子パンの部類に入るのでしょうが、わたしの感覚でいえばケーキですね。1個400円。


ナメラカ&シャビーナ

bubo004.jpg

ケーキボックス、オープン! く〜、見るからに美しい。

ナメラカ

「ナメラカ(nameraka)」1個800円。なんというか、機関車のような…って違うね。サイドにチョコレートの板が張り付いた…というのもヘンかだけど、まあこんなおしゃれな形です。

bubo008.jpg

これがめちゃんこ美味しい!

フィナンシェでできた土台にクレープ生地を敷き、その上に白いバニラクリーム。このクリームは濃厚で深みのある香りが特徴の高級豆「トンカ」が使われていて、この風味がいいの〜。生クリームのミルクっぽさとは異なるエキゾチックな風が吹いてきたようなお味。

bubo012.jpg

トッピングされているのは、赤いのがドライなフランボワーズ。茶色のごろんとしてるのがヘーゼルナッツクッキー。緑の青さのりのようなのがバジルで、それに丸くて薄いチョコプレートとロゴ入りのチョコレートプレートがあしらわれています。

バジルが面白いアクセント。クッキーのようなやや硬めのフィナンシェの食感とクリームのなめらかさが何とも言えない幸福感を連れてきてくれます。

いやいや、さすがスペインだわ、バルセロナだわ、bubó様だわ。いいわ〜。

シャビーナ

そしてこれが、パティシエの世界大会でベストチョコレートケーキに輝いたという「シャビーナ(Xabina)」。

もうね、何種類ものチョコレートケーキをぎゅっと濃縮させたような贅沢なお味。上にのっかっているのがチョコレートマカロン。これひとつだけでも満足感100%なのですが、中がまたすごい。

bubo006.jpg

ボケボケでよく見えないでしょうが(すみません)、チョコレートムースの中に、天然バニラシロップを染みこませたスポンジ生地とシナモンやグローブなどのスパイスを混ぜたオリーブオイルケーキ生地が入っています。それを包み込むように全体を覆うチョコレートのグラサージュ。

なので、ひとくちごとに複雑で奥深い味わいが押し寄せてきて、濃いわ〜。ぐいぐいとくるスパニッシュスイーツの力強さに、半分でも大満足でしたよ。1個864円。

というわけで、2個買って2人で分け合ってちょうどいい感じ。ま、ひとりで1個食べるなら「ナメラカ」を選ぶかな。


表参道店の2階はカフェ

bubo009.jpg

お店は、東京・表参道駅から5分程度。1階が販売コーナー、2階がカフェになっているので、お店でもいただけますね。

写真では、正面の工事の様子がガラスに映って、なんだかよくわからないごちゃごちゃした感じに見えますが、実際は全面ガラス張りですっきりおしゃれだそうです。

えっと、今度は、ブボのチョコレートが欲しいなあ。

【関連リンク】

bubó BARCELONA 公式サイト


| スイーツ | comments(0) | - |
広告









■ スマホ版へ切り換える