セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

セニョーラ・あ〜のブログです。
「ピンチョス360°」のコルテ
pin01.jpg

先月出たホセ・バラオナ・ビニェスさんの新刊「ピンチョス360°」(柴田書店 )。ピンチョス本は何冊も持っているのに、また買ってしまいました。やっぱり素敵。美しいわ〜。

内容は、今までのホセ・バラオナさんのピンチョス本の集大成とでもいいましょうか、さらに自由な発想で、スペインのピンチョスに留まらないホセ・バラオナさんのひとくち料理ワールドが展開されています。

pin02.jpg

360°というくらいですから、全方向を向いているわけです。手でつまんでたべるピンチョス(フィンガーフード)なら、なんでもあり。前菜・メイン・デザートまでをカバーしています。ピンチョスだけでフルコースができちゃうほど。

味の組み立て方、スタイルの整え方、アレンジの考え方が、美しい料理とともに解説されているので、ピンチョス大全集といってもいいかもしれませんね。

さて、その中で面白いと思ったのが「コルテ」です。スペインでは、アイスクリームを2枚のガレットで挟んだものを「コルテ」というそうなのですが、その感覚でディップを食パンで挟んでピンチョスに仕立てているのです。

pin03.jpg

わたしも真似て作ってみたら、コルテというか、単なる一口サンドイッチになってしまったのですが、ま、こんな感じです。

pin04.jpg

サンドイッチ用の食パンを麺棒でぺちゃんこにしてからトーストし、残り物のポテトサラダやキュウリ入りクリームチーズを挟んでみました。

ふつうのミニサンドと違うのは、それが一口で食べられるサイズになっていることです。「コルテ」ピンチョス。サンドイッチを極小にするだけなのに、考えつかなかったなあ。おせんべいやクラッカーで挟んでも面白いですよね。

oin05.jpg

こちらは、普通にのっけただけのピンチョス。食パンをセルクル型で丸く抜いて、キュウリ+クリームチーズ+刻み紅ショウガを乗せてみました。紅ショウガとクリームチーズという意外な組み合わせがらもショウガ味がぴりっときいてうまいっ!彩りもきれいだしね。

ピンチョスというと、ついバゲットパンがなくては…と思ってしまうけど、食パンでもパイ生地でもおせんべいでも、なんでもいいんですよね。餃子の皮や春巻きの皮で包んでもいいし、串に刺したり、クレープで巻いたり…。バリエーションは無限大です。

「ピンチョス360°」には、創作のヒントがいっぱい。あれもこれも作りたくなっちゃう。「コルテ」の次は、さて、何にしよう。

【参考書籍】
「ピンチョス360° all about finger food」(柴田書店)(Amazon)


| 本・雑誌 | comments(0) | - |
里芋とくるみのタルティーヌ、いやピンチョスか。


タルティーヌと言っていいのか、
小さいからピンチョスでもいいのか・・・。
要はパンの上に、里芋クリームをぬったものです。
これがね、なかなかいけたんですよ。

参考にさせていただいたのは
渡辺麻紀さんの「タルティーヌ」。



一瞬、ピンチョスの本?と思ってしまったのですが
フランス版オープンサンドのようです。

ピンチョスのパンは一口サイズで小さめですが、
タルティーヌはパンの断面を広くとって大きめ。
そのぶん具材が載せやすく、
いろんなデコレーションで楽しめるんですね。

もともとフランスのタルティーヌは、
切ったバゲットにバターやジャムをぬったものを指すようですが
この本で紹介されているものは、美しく華やかで
どれもとってもおいしそう。

で、さっそく「里芋とくるみのカルボナーラ」をヒントに
里芋をクリーム状にアレンジして作ってみたのです。
里芋とチーズと卵黄という組み合わせが面白かったので。

うん、うん、ねっとりとうま〜い。
クルミの食感とコクがいいアクセントになってます。

くるみパンにのせて、ダブルくるみにしてもいいし
軽く表面を焼いてグラタン風にしてもグ〜〜〜!

ちなみにオリジナルの「里芋とくるみのカルボナーラ」は、
里芋の形を残し、パルメザンチーズと卵黄であえて
オーブンで表面を焼いていました。

素敵な響きの「タルティーヌ」。
ピンチョス作りにも大いに役立ちそうです。

--------------------------------------
里芋とくるみのタルティーヌ レシピ
--------------------------------------
【材料】2人分
・バゲットパン  1/2本
<里芋クリーム>
・里芋      150g
・卵黄        1個
・くるみ      20g
・クリームチーズ  20g
・塩         少々
・バター      10g
・イタリアンパセリ  少々
・粗挽き黒こしょう  少々

【作り方】
1)里芋を茹でてつぶし、バター、卵黄、クリームチーズを入れて混ぜ、塩で味を調えたら、砕いたくるみを入れる。
2)バゲットパンに(1)を塗り、パセリをのせて黒胡椒をふる。
---------------------------------------

【参考リンク】
・「タルティーヌ」(Amazon)
| 本・雑誌 | comments(0) | - |
南仏・ラングドックのワインで祝杯を!
1202.jpg

うわぁ〜い、本当に「ELLE a table (エル・ア・ターブル) 1月号」に載ってる!

ELLE a table サイトでは、ここ

レシピブログとELLE a tableのブロガーレシピコンテスト「南フランス・ラングドック地方のワインに合うレシピ」でグランプリをいただき、入賞者は「ELLE a table」に掲載とのことで楽しみにしていたのです。

「ELLE a table」は憧れの雑誌。それに自分のレシピが掲載されるなんて夢のよう。応募しなくちゃと、せっせと作ったのが以下の4品。

こだわり肉団子のサフランソース
柿と生ハムの春巻き
鶏肉とピーマンとカシューナッツのハーブ炒め
ライスサラダ

このなかから、見事「肉団子」が決めてくれました。
肉団子よ、ありがとう〜〜。

いや、レシピブログさん、「ELLE a table」さんに「ありがとう」ですね。それになんといっても審査員「トゥール・ダルジャン」ソムリエ森 覚さんのコメントが嬉しいよぉ。(感涙)

ってことで、ラングドックの無農薬有機農法のぶどうで作った白ワイン「ドメーヌ・デュ・シャトー・ドー シャルドネ」で祝杯をあげました。

一緒にお祝いしてくれた人は、バルサが16年ぶりに「0−5」という得点差でレアルマドリーに勝った!ことのほうが、祝杯に値する出来事だったようですが。

ま、どっちにしても嬉しいことに変わりはありません。
これからもワインに合うお料理、作っていきますよ〜。
ありがとうございました。
-
| 本・雑誌 | comments(4) | - |
広告
 1/17PAGES >> ■ スマホ版へ切り換える