セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

セニョーラ・あ〜のブログです。
バベルの塔展のグッズ「シール入りキャラメル」と関連企画
ba002.jpg

東京都美術館のボイマンス美術館所蔵ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝ーボスを超えてーに行ってきました。

今回のミュージアムグッズみやげのお菓子は、バベルの塔キャラメル(324円)です。

他にお菓子系では、数量限定「バベルの塔シフォンケーキ」がありましたよ。形が円錐台で茶色っぽくしてありますが、わりとおおざっぱなデザイン(笑)。いや、あの緻密な本物の絵を見ていたら、そう言いたくなるのですよ。

日持ちがしなかったので断念しましたが、うーん、やっぱり食べてみたかったかな。ちょっと心残りです。

ほかには、エッグスタンドやお皿、タオルにTシャツ、トートバッグにも心がちょっと揺れたのですが、ぐっと我慢しました。

バベルの塔キャラメルのパッケージ

さて、バベルの塔キャラメルはこんなパッケージ。

ba003.jpg

箱の形が正四角錐台になっています。もしや、キャラメルもそんな形?

ba005.jpg

とかすかに期待するも、開けてみると普通のミルクキャラメルでした。

バベルの塔キャラメル class=

12個入っています。

バベルの塔キャラメルのシール

で、それだけじゃないんですねえ。へんな生き物(モンスター)のシール入りなんですよ。シールは何種類かあって、うちにやってきたのはコイツ。「大きな魚は小さな魚を食う」に描かれている空を飛ぶ魚。

展覧会のマスコットキャラクターにもなっている魚をくわえた魚の「タラ夫」くんじゃなかったけど、まあいいか。どこかに貼って楽しみましょ。

キャラメルの味はいたって普通のプレーンなミルク味で、お馴染みの美味しさでした。

ba009.jpg

「バベルの塔」展には、ブリューゲルの「バベルの塔」だけじゃなくて、ヒエロニムス・ボスの貴重な油彩画2点「聖クリストフォロス」「放浪者(行商人)」も来ています。すごいです。必見です。

とはいえ、展覧会としては「バベルの塔」推しのようで、関連企画が盛りだくさんです。

ba010.jpg

会場内の片隅には、バベルの塔の大きさがわかるパネル。ここで記念撮影ができます。

ba012.jpg

都美館の一角にある大友克洋「INSIDE BABEL」。バベルの塔をカットして中を覗いたらどうなっているのか…というのを描いた傑作です。本物も緻密だけど、これもすごい。

そうそう「バベルの塔」展にはルーペを持って行かれることを強くオススメします。バベルの塔の実物を拡大鏡で覗くとその素晴らしさがよくわかるのです。肉眼で見るのとは違った迫力で迫ってきますからね。このときほどルーペがあってよかったと思ったことはないです。ルーペ必携。

ba016.jpg

そして、都美館から出て徒歩3分。国際こども図書館隣にある東京藝術大学 Arts & Science LAB.の1階エントランスギャラリーでは「Study of BABEL」として、バベルの塔の立体模型が展示されています。

ba013.jpg

150分の1のサイズで再現されているのですが、いやあ、ほんまに素晴らしい。作業をしている人たちがちゃんと居ますからね。

ba014.jpg

しかも面白いのが「バベルではたらこう」企画。その場にあるカメラで顔写真を撮ると、大勢の作業員にまじって、模型のなかで自分もはたらけるというわけですよ。

ba015.jpg

バベルの塔の模型の一部に、自分が映し出されてるという…。

ほかにプロジェクションマッピングで描かれる世界もまた見物です。

ba011.jpg

「Study of BABEL」はバベルの塔展の会期中(4/18〜7/2)開催されています。入場無料。

ba017.jpg

そして、街ではバベル盛り。なにやらいろんな料理が盛り上がっています。

バベルの塔展のキャラメル

見応えたっぷりの「バベルの塔」展。東京都美術館では、2017年7月2日まで。大阪の国立国際美術館では、2017年7月18日(火)〜10月15日(日)の開催です。キャラメルの「タラ夫」シール狙いでお出かけくださいね。
って、チガウか…。

【関連リンク】

公式ブリューゲル「バベルの塔」展サイト


| 美術展の食とスイーツ | comments(0) | - |
茅ヶ崎里山公園のギャラリーカフェ「木の実」にて
sa01.jpg

さくらアイスにくず桜、隠れて見えないけどさくらのクッキーがあって、柳谷の黒米おはぎ。桜の季節にぴったりのスイーツセット。素敵でしょう? 神奈川県茅ヶ崎市の里山公園内にあるギャラリーカフェ「木の実」でいただきました。

アイスはさくらの塩漬けのしょっぱさがいいアクセントになっていたし、湘南谷戸の会直伝の黒米おはぎは、もっちりとほどよい甘さでとてもおいしかった。

sa02.jpg

くず桜はこんな趣のある器に入っていたんです。このカフェで展示会をされたこともある作家さんの手によるものだそうですよ。

そう、ここはカフェでありギャラリーなので、作品に囲まれてお茶を楽しむことができるのです。この日も「山科律 風景画展・ぶどう工房作陶展」をやっていて、それらを眺めながら口福なひとときを過ごさせてもらいました。

sa06.jpg

アイルランドの草原や芹沢の桜舞い散る風景画は心が洗われるようでしたし、ぶどうをモチーフにした花瓶はその造形美とターコイズブルーの発色の妙にうなりました。

sa09.jpg

この花瓶、花があれば花を引き立て、単独ならブドウ柄と青の色合いが魅力を発揮するのでしょうね。素晴らしい。一目惚れ! 売約済みでしたけどね。

sa03.jpg

ギャラリーカフェ「木の実」は、茅ヶ崎里山公園北駐車場そば(腰掛神社となり)にあり、車がないと行きにくいところですが、お天気のよい日は公園付近のバス停「芹沢入口」から、公園内を散策しながら行くのも楽しそうです。

sa05.jpg

ギャラリーからは晴れていると富士山が見えるそうですよ。夕焼けも見事だとか。

sa04.jpg

クリスマスローズの鉢に立て掛けられた営業中の看板。ほっと一息「木の実」カフェですね。

sa07.jpg

お土産にと店内で販売されていたお菓子を買って帰りました。「翔の会ブルーベリー」が作っている「木の実のクッキー」と「きなこのクッキー」です。

sa08.jpg

「木の実のクッキー」は、リスや葉っぱやどんぐりの形になっていて、レーズンとくるみ入りで美味しかった〜。

地域に密着したギャラリーカフェ「木の実」。お近くの方は、ドライブがてらぜひどうぞ♪(って、地元の方はご存じですよね)

【関連リンク】

ギャラリー木の実サイト


| 美術展の食とスイーツ | comments(0) | - |
「たばこと塩の博物館」でドモーリの塩チョコと塩飴
so000.jpg


「たばこと塩の博物館」(以下、たば塩)が、渋谷から東京スカイツリーの近くに引っ越してきてリニューアルオープンしたのが2015年4月25日。以降、ご近所さんになったので、ちょくちょく行っています。

で、毎度覗くのがミュージアムショップ。お土産でたまに買う塩飴とチョコレートをご紹介しますね。


お手軽なお土産、塩飴

so001.jpg

「たば塩」のオリジナルグッズではないけど、「たば塩に行ってきたんだよ〜。塩はねえ…」と、展示で仕入れた蘊蓄やら体験を語りながら渡すのにちょうどいいお菓子が塩飴。

so002.jpg

これは「しおサイダー飴」190円(税別)。揚げ浜式(海水をくんで砂にかけて作る製塩法)で作られた塩が使われています。

so003.jpg

これは金太郎飴みたいな塩飴、230円(税別)。「塩」と書いてあるのでわかりやすいですよね。味はちょっと塩味はあるものの飴は飴。甘いです。


ドモーリの「D-FUSION」塩チョコ入り6種アソート

so004.jpg

そしておすすめなのが、イタリア・ドモーリ(DOMARI)のD-FUSIONチョコレート、680円(税別)。6種類のチョコレートの詰め合わせで、ゲランドの塩が使われたチョコレートが入っています。

パッケージが11cm×4cm×1.5cmとコンパクトなので、第一印象は「ちっちゃーい」。ぱっと見、価格相応には見えないのですが(失礼)、中身は充実しているんですよ。よく見るとパッケージも金銀使用の箔押しだしね。

so005.jpg

その外箱をスライドさせて開くと、2段重ねの6個入り。それぞれの味わいの違うチョコレートが入っています。

so014.jpg

外箱にフレーバーが書かれていますが、その写真とそれぞれのチョコのラベルが同じです。上から、ビアンコメンタ(ミント)、ジャバグレイ(ミルク)、ラッテサル(塩)、ペペロンチーノ(唐辛子)、ジャンドゥイヤ(ヘーゼルナッツ)、抹茶です。

so013.jpg

フレーバー違いだけではなく、それにあわせてカカオも違うところが、ドモーリです。100%カカオのチョコレートを世界で初めて実現させたというドモーリ社ならではのこだわりですね。

so006.jpg

これが塩チョコレート「ラッテサル(Lattesal)」。

so008.jpg

ラベルの裏面に原材料が明記されています。ちゃんとゲランドの塩「Guérande salt(0.4%)」となっていますね。

so007.jpg

種類によって、チョコレートの色も少しずつ違います。6種類入りは、一口サイズなので、味見程度でしか味わえませんが、塩チョコ「ラッテサル」だけの大きめサイズ(950円ぐらい)も販売されていますよ。

軽くてかさばらないし、大げさじゃないけど実はすごいチョコレート。ネットでも買えますが、そうそう売ってるもんでもないですからね。

D-FUSION (6種類×各1枚) ドモーリ (楽天市場)


楽しい「たば塩」体験とお土産

so015.jpg

このほか、ゲランドの塩、アンデスのピンク岩塩など塩そのものや、たばこにちなんでたばこ煎餅なんてお菓子も売っています。もちろんクリアファイルやレターセットなどのグッズや特別展にちなんだ商品なんかも。

so011.jpg

「たば塩」が楽しいのは、映像や模型で見せてくれる展示が多いこと。塩やたばこの歴史・文化にぐいぐい引き込んでくれます。特別展も毎回趣向を凝らしたもので、面白いんですよね。

それで常設展だけなら入館料たったの100円。企画展・特別展も見られる年間フリーパスでも500円なんですから、そりゃ行くでしょ、ご近所ならば。

2017年1月21日〜4月9日までは「西アジア遊牧民の染織〜塩袋と旅するじゅうたん〜展」をやっています。ご興味があれば遠方からでもぜひ…。

【関連リンク】

「たばこと塩の博物館」サイト


| 美術展の食とスイーツ | comments(0) | - |
広告
 1/13PAGES >> ■ スマホ版へ切り換える