セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

セニョーラ・あ〜のブログです。
「テレビでスペイン語」から「卵のツナ詰めサラダ」
0529.jpg

今年度のNHK「テレビでスペイン語」は「ユーロ24」ってことで、イタリア語、ドイツ語、フランス語とともに、共通のテーマで番組が進行しているのですが、5月最終週は「10ユーロで昼食を作ろう」という企画でした。

各国で特徴がでるかも?と思ってたのですが、さほどでもなかったですね。

ちなみに、
イタリア語は、牛肉のカルパッチョ、トマトソースパスタ、パン。
ドイツ語は、サラミとチーズのサンドイッチ、バナナ、清涼飲料水。
フランス語は、えびとルッコラのサラダ、パン、チーズ、桃とぶどう。
そしてスペイン語は、トマトソースペンネ、卵のツナ詰め、ナティジャス(カスタードクリーム)、オリーブ、パン。

スペインとイタリアはトマトソース系パスタでかぶっているし。

全体でユーロ圏の特徴と見た方がいいのかもしれませんね。フランスとスペインでは、ちゃっかり予算外のワインも添えてて、そんなところがユーロっぽい? ふふ。

で、どれも大して珍しくはなかったのだけど、スペイン語のマルタさんが作っていた卵のツナ詰めがちょっと面白かったのです。ツナをトマトソースで和えていて。

ふだんツナはマヨネーズで和えることが多いので、トマトソースかあと。(トマトソースは市販品でしたが)

トマトソースがなかったのでケチャップで代用し、野菜をプラスしてサラダ風にアレンジにして作ってみました。

-------------------------------------
卵のツナ詰めサラダ レシピ
-------------------------------------
【材料】2人分
・たまご     2個
・ツナ缶(80g) 1缶
・ケチャップ、またはトマトソース 10〜20g
・塩、こしょう  少々
・レタス、きゅうり、プチトマト 適量
・ローズマリー 1枝

まずゆで卵(かたゆで)を作ります。半分に切ったら黄身を取り出し、座りがよくなるように底を平らに切っておきます。

egg01.jpg

缶詰のツナとケチャップで和えて、塩・こしょうで味をととのえ、黄身が入っていたところに詰めます。

egg02.jpg

レタス、きゅうり、ミニトマトを敷いた上にのせます。

egg03.jpg

上からほぐした黄身をふりかけます。

egg04.jpg

ローズマリーを添えてできあがり。

卵の黄身をふりかけるのでミモザサラダみたいですね。野菜の部分にはドレッシングなどをかけていただきました。ケチャップで和えたツナもおいしい。マヨと半々でもいいかもしれませんね。

今年度の「テレビでスペイン語」はあんまり料理は出てこないけど、楽しく見続けられています。それでスペイン語学習の方はどうなんだ?って。わーん、聞かないでくださいまし。m(__)m

【関連リンク】
NHK「テレビでスペイン語」で見かけたスペイン料理 2010
| NHKスペイン語会話 | comments(0) | - |
NHK「テレビでスペイン語」で見たスペイン風目玉焼き


今年度の「テレビでスペイン語」は、「EURO24」として伊、独、仏、西が足並み揃えて進行していますね。
で、共通テーマは短期滞在。第2テーマは各番組それぞれで、スペイン語はスペイン美術。

興味深いテーマだけど、料理は出てこないかな?と思っていたら、うわ〜お!2回目で出てきました! ベラスケスの「卵を料理する老婆と少年」の紹介がてら、絵に描かれている目玉焼きと、それに関連してにんにくスープを実際に作ってみせてくれたのです。

調理はおなじみロリ先生。スペインではフライドポテトや炒め物、キューバ風ごはんにもよく目玉焼きが添えられるのだけど、それが外側カリカリで黄身はとろ〜りなんですよねえ。多めのオイル(大さじ2杯くらい?)で焼くのかと思っていたら、多めなんてレベルではありませんでした。完璧、揚げてました。

小さなフライパンにカップ1杯のオリーブオイルを入れて、その中に卵を割り入れ、フライ返しで油を卵の上にも
かけるようにして揚げるのです。目玉焼きというより揚げ卵なんですねえ。

で、わたしも作ってみることに・・。

たっぷりのオリーブオイルを熱して、卵をポトリ。



ところが、卵があんまり新鮮じゃなかったのか、温度が低すぎたのか、しろみが広がる〜。さらにオイルをかけてると、パチパチと油がはねる〜。
危険! 危険!
まわりがカリカリになる前に引き上げてしまいました。

ふう。
なにかコツがあるのかもしれませんねえ。フライパンでお水を少量加えて蒸らすほうが簡単だわ。あるいはひっくり返して両面を焼くほうが。ま、一応スペイン式がわかったのでヨシとしましょう。

せっかくなんで、じゃがいもも揚げて、半熟の黄身をつけながらいただきました。うまいね。

というわけで「テレビでスペイン語」、いつどこで出てくるかもわからないけれどスペイン料理の登場を期待して、今期も見続けますよ〜。

【関連リンク】
テレビで見かけたスペイン料理/テレビでスペイン語2010 

| NHKスペイン語会話 | comments(4) | - |
「テレビでスペイン語」とスペインワイン


今年度のNHK「テレビでスペイン語」、
残すところあと1回になりましたね。
今回は、挫折せずに見続けられましたよ。
まあ、トレドとアンダルシアを中心に
旅行者にとって役立つフレーズとその土地の紹介で
語学よりも文化紹介の割合が多かったからでしょうけど。
あと、なにかっていうと食の話題が多かったから。

なかでもグラナダのワインのレポートは、
興味深かったですね。最新設備のボデガがあると思えば
自家製ワインを買いに、瓶持参で行くっていう昔ながらの
量り売りも残ってる村のワインもあったりで、
へえ〜!ってな感じでした。

あと、先日のアンダルシアレポートのミガスも、驚きでした。
今までイメージしていたパン炒めとは全然違ってましたから。
たっぷりのオイルに小麦粉と水でふやかしたパンを入れて
ずっと混ぜ続けて、まるで大量のシチュールウのようで。
(たとえが悪いけどね)
具は揚げピーマンやベーコンはわかるけど、
メロンとも一緒に食べるとは・・・
ん〜〜、どんな味なんでしょうね。

さて、10月からの再放送は
2007年放送分のスペイン料理の再放送のようです。
最新情報レポートの追加があるといいんだけどな。
無理かな?

写真のワインは「ボルサオ・クラシコ・ティント」です。
雑誌「一個人」の極旨ワイングランプリ(2,000円以下)で
頂上ワインに選ばれただけあって、
口当たりがよく飲みやすいワインでしたよ。
安くて旨いが一番ですね。

【関連リンク】
NHKテレビでスペイン語で学ぶスペイン料理
ボルサオ・クラシコ・ティント(楽天市場)

<What's New!>
09/20 trend「テレビでスペイン語」追加
| NHKスペイン語会話 | comments(2) | - |
広告
 1/14PAGES >> ■ スマホ版へ切り換える