セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

セニョーラ・あ〜のブログです。
ベランダのバジルでジェノバソース
baji01.jpg

栽培キットの「おうち畑」で育てていたバジル。ベランダのプランターに植え替えたら、さらにぐんぐん伸びて、採っても採ってもすぐ葉っぱが繁るようになりました。

たまに料理に使ってはいたけど、それを上回る勢いで増えていきます。とはいえ、一度に収穫できるのは片手にひとつかみぐらい。

そんなときはジェノバソースを作るといいんだよねえ。ということで、ハンドブレンダーで作ってみました。

baji02.jpg

【材料】
・バジル  ひとつかみぐらい
・松の実  40g
・にんにく 1片
・塩    小さじ1/2
・こしょう 少々
・オリーブオイル 50ml

バジルを洗って水分を拭き取り、材料を全部容器に入れる。

baji03.jpg

ハンドブレンダーで、が〜〜っと混ぜる。

baji04.jpg

おしまい(笑)

舐めてみて、さらに塩を入れるなり、胡椒をいれるなり、オイルを足すなり…。ま、それらは後で足してもいいしね。パルメザンチーズはソースを使うときに入れるようにします。

少量なので、このまま冷蔵庫で保存してもいいのだけれど、すぐに使う分を残して、1回分ずつ小分けにして冷凍にしました。

冒頭写真のペンネは、ゆでたペンネにジェノバソースとパルメザンチーズを加えてからめたものです。かんたーん。冷凍したソースは、ゆでたじゃがいもにかけたり、バゲットに塗ったり、ビネガーを足してサラダドレッシングにしたり…といろいろ使えますね。

baji08.jpg

ところで、ベランダのバジルは、6月ごろから白い花を付け始め、ああもう終わりかな〜と思って切ったら、また脇芽が伸びて花が咲き、また切るも脇芽が出て…と、今も青々とした葉が付いております。

baji06.jpg

で、そのままにしていた花は、いつの間にか枯れ・・・

baji05.jpg

つまんで見たら、黒ごまのような種ができていました。

baji07.jpg

試しに、小皿に水とティッシュを入れ、種を浸していたら芽が出たので、これはちゃんとした種だ〜!と嬉しくなって、残りの種も採取。来年もまたバジルが楽しめそうです。うふふ、やった!


【関連記事】

イイハナ「おうち畑」で簡単野菜栽培(2013)


| ハーブ&ベランダ菜園 | comments(2) | - |
さや大根を食べる。おいしい!
dai01.jpg

さや大根とトマトのサラダです。さや大根というのは、大根の花のあとにできる「さや」です。って、さや大根というのが正式名称かどうかわかりませんが、「さやえんどう」ならぬ「さや大根」というわけです。先日実家の菜園で偶然みつけて、食べてみたらおいしかったんですよ。

dai04.jpg

これが白い大根の花。ほんのりとふちがピンク色なんですよね。通常、大根を作ったあとに花を咲かせることはないのですが、種をとるために残しておいたもののようです。

dai03.jpg

よく見たら、こんなえんどうのような、いんげんのようなさやがいっぱいついてるじゃないですか。「これ食べられるの?」と聞くと「知らない」と。今まで食べたことないと。

dai06.jpg

でも見るからにおいしそうで、ためしにちょっとかじってみたら、苦くもなくてぴりっと辛い大根の味がしたのです。しいていえば、ラディッシュのような感じ。これ、そのままでもいけるじゃないのってことで、浅漬けにして、それからトマトのサラダにも加えてみたわけです。

dai02.jpg

酢漬けにしてもおいしそうだし、炒め煮なんかもいいかも…と思ったけれど、滞在期間短く、数本囓っただけで終わってしまいました。ま、これは種をとるために残していたものなんで、食べ尽くしてもいけないんですけどね。

もし、畑に大根がある方は、食べてみてくださいませ。あと、ものすごくおいしいかというと、思ったよりはおいしい程度なので、過度の期待はされませんように。
| ハーブ&ベランダ菜園 | comments(0) | - |
おうち菜園万歳!きのこ栽培キットに実つきミカン。
1020a.jpg

にょきにょきしいたけ。かわいいですねえ。
これ、千趣会の通販サイト「花くらす*野菜くらす」で取り扱っている「しいたけ栽培キット」のしいたけなんです。


冬の栽培キットの人気No.1はきのこ。

1020b.jpg

先日、千趣会(ベルメゾン)に行って、いろんな商品を見てきたのだけれど、おおお!と私が吸い寄せられたのは、このしいたけ。菌床ブロックを水につけた後、2〜3週間霧吹きで水を与えていくと、こんなふうにシイタケが生えてくるんですって。おうちでもけっこう立派に育つんですね。

1020c.jpg

大きくなると、直径6cmほどの肉厚しいたけになるそう。しかも、1回収穫して終わりじゃなくて、その後も2回3回と採れるというから、嬉しいじゃないですか。シイタケの他には、ブナシメジ、エリンギ、エノキタケもあります。全部、栽培して比べてみたいな〜。でもって、きのこ鍋にするのだ!(笑)

きのこ栽培キットには、袋で育てる栽培キット(1,300円)と、透明なドーム型の容器のついた栽培キット(1,700〜1,800円)があります。


見て楽しみ、食べて満足、フルーツの木。

花くらす*野菜くらすの栽培キットでは、じゃがいもとスプラウトを体験したことがあるのですが、何が面白いって、日に日に大きくなっていく過程なんですよね。部屋の中やベランダにあっては、半分、グリーンインテリアっぽい扱いで楽しめました。しいたけ栽培キットなら、さしずめオブジェのような感じでしょうか。

眺めて楽しめるといえば、果樹もそうです。

1020f.jpg

こちらは温州ミカン(早生)。
お手軽栽培がお得意の「花くらす*野菜くらす」らしく、実がついた状態で届くのです。色づくまで眺めて楽しめますね。最終的には収穫して、食べられるんだから、ああ、なんて素敵なみかん栽培。って、これじゃあ栽培のうちに入りませんかね。

1020e.jpg

いや、腕の見せ所はきっと来年でしょう。うまくすれば、一回り大きくなって花が咲き、また実をつけて収穫できる。そして次の年もそのまた次も…。フルーツの木って、いいなあ。

1020d.jpg

ちなみに、この実つきの温州ミカン「早生みかん」は3,980円です。


バラもハートプランツも充実しています。

花くらす*野菜くらすは、栽培セットやだけじゃないんです。「花くらす*野菜くらす」というくらいですから当然、お花もあります。うっとりするほどいい香りをふりまいていたのが、このバラ。

1020g.jpg

なまえは「ナエマ」。
って、ダジャレのような名前ですが、フランスのブランド「ゲラン」の「ナエマ」という香水から名付けられたそうです。

その由来どおり、シトロネール、ローズとフルーツがミックスされたような香りで、清々しいさわやかなバラの香りでした。こんな自然の香りに包まれるっていいですよね。

1020h.jpg

香りと色と耐病性に優れ、華やかなフレンチローズを生み出しているデルパール社のバラです。ほかにもローズガーデンができてしまうのでは?ってくらいいろんな種類のバラが揃っています。

1020i.jpg

あと、ハート形の実がなるハートツリーもありました。赤いハートのピックと同じような実がなるんです。

1020j.jpg

ほら、こんな感じ。ちょうどお花が終わって、実がつき始めたところです。寒くなる冬にむかって赤く色づいていくのです。楽しみですね。愛が実る日を想いながら育てるのもいいし、プレゼントしてもいいし。

すぐに飾れる鉢植えタイプ(3,780円)と、1から育てる栽培キット(3,980円)があります。

【関連リンク】
おうちで楽しくベランダ菜園

| ハーブ&ベランダ菜園 | comments(0) | - |
広告
 1/9PAGES >> ■ スマホ版へ切り換える