セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

セニョーラ・あ〜のブログです。
渋柿がしぶぬき専用スピリッツで甘とろ柿に
kaki03.jpg

渋柿は干し柿にして食べるものと思っていましたが、渋をぬけば甘柿と同じようにそのまま食べることができるんですね。

kaki01.jpg

これが渋柿。見かけは甘柿っぽいのですが、渋柿なんですよ。実家の庭にあって、干し柿にするのも手間がかかるので、ずっとほったらかしでした。

というか、そのままだと枝は伸びるし実は熟すで、剪定して片付けて…とかえって面倒な木になっていました。

でも、焼酎で渋がぬけるというのを聞いてやってみようということに…。

kaki02.jpg

酒屋さんに行くと、渋柿の渋を抜くための専用のスピリッツなんてのがあって、その名も「しぶぬき専科」。アルコール度数が47%と高い!

しぶぬき専科スピリッツ

柿のへたの部分を「しぶぬき専科」に軽くひたした後、ポリ袋の中に入れて密封しておけば数日で渋が抜けるんだそうですよ。

kaki04.jpg

柿はそのまま丸ごとで大丈夫なのですが、皮をむいて適当に切り「しぶぬき専科」をふりかけて密封という方法でもOK。試しに柿2個で作ってもらって、2〜3日後。

kaki05.jpg

うほほ、渋が抜け、すごーく甘くて少しとろっとした柿になりました。今まで渋柿だからと見向きもしなかったけど、もったいなかったな〜。こんなに簡単に渋がぬけるなんて知らなかったもの。

実はこの渋柿、種なしなので食べやすいんですよ。よかったよかった。渋柿じゃあねえ…と困っている方がいらしたら、お試しくださいね。(って、渋柿界じゃ当たり前か…)

<参考リンク>

しぶぬき専科スピリッツ(Yahoo!ショッピング)

| ハーブ&ベランダ菜園 | comments(0) | - |
ベランダのバジルでジェノバソース
baji01.jpg

栽培キットの「おうち畑」で育てていたバジル。ベランダのプランターに植え替えたら、さらにぐんぐん伸びて、採っても採ってもすぐ葉っぱが繁るようになりました。

たまに料理に使ってはいたけど、それを上回る勢いで増えていきます。とはいえ、一度に収穫できるのは片手にひとつかみぐらい。

そんなときはジェノバソースを作るといいんだよねえ。ということで、ハンドブレンダーで作ってみました。

baji02.jpg

【材料】
・バジル  ひとつかみぐらい
・松の実  40g
・にんにく 1片
・塩    小さじ1/2
・こしょう 少々
・オリーブオイル 50ml

バジルを洗って水分を拭き取り、材料を全部容器に入れる。

baji03.jpg

ハンドブレンダーで、が〜〜っと混ぜる。

baji04.jpg

おしまい(笑)

舐めてみて、さらに塩を入れるなり、胡椒をいれるなり、オイルを足すなり…。ま、それらは後で足してもいいしね。パルメザンチーズはソースを使うときに入れるようにします。

少量なので、このまま冷蔵庫で保存してもいいのだけれど、すぐに使う分を残して、1回分ずつ小分けにして冷凍にしました。

冒頭写真のペンネは、ゆでたペンネにジェノバソースとパルメザンチーズを加えてからめたものです。かんたーん。冷凍したソースは、ゆでたじゃがいもにかけたり、バゲットに塗ったり、ビネガーを足してサラダドレッシングにしたり…といろいろ使えますね。

baji08.jpg

ところで、ベランダのバジルは、6月ごろから白い花を付け始め、ああもう終わりかな〜と思って切ったら、また脇芽が伸びて花が咲き、また切るも脇芽が出て…と、今も青々とした葉が付いております。

baji06.jpg

で、そのままにしていた花は、いつの間にか枯れ・・・

baji05.jpg

つまんで見たら、黒ごまのような種ができていました。

baji07.jpg

試しに、小皿に水とティッシュを入れ、種を浸していたら芽が出たので、これはちゃんとした種だ〜!と嬉しくなって、残りの種も採取。来年もまたバジルが楽しめそうです。うふふ、やった!


【関連記事】

イイハナ「おうち畑」で簡単野菜栽培(2013)


| ハーブ&ベランダ菜園 | comments(2) | - |
さや大根を食べる。おいしい!
dai01.jpg

さや大根とトマトのサラダです。さや大根というのは、大根の花のあとにできる「さや」です。って、さや大根というのが正式名称かどうかわかりませんが、「さやえんどう」ならぬ「さや大根」というわけです。先日実家の菜園で偶然みつけて、食べてみたらおいしかったんですよ。

dai04.jpg

これが白い大根の花。ほんのりとふちがピンク色なんですよね。通常、大根を作ったあとに花を咲かせることはないのですが、種をとるために残しておいたもののようです。

dai03.jpg

よく見たら、こんなえんどうのような、いんげんのようなさやがいっぱいついてるじゃないですか。「これ食べられるの?」と聞くと「知らない」と。今まで食べたことないと。

dai06.jpg

でも見るからにおいしそうで、ためしにちょっとかじってみたら、苦くもなくてぴりっと辛い大根の味がしたのです。しいていえば、ラディッシュのような感じ。これ、そのままでもいけるじゃないのってことで、浅漬けにして、それからトマトのサラダにも加えてみたわけです。

dai02.jpg

酢漬けにしてもおいしそうだし、炒め煮なんかもいいかも…と思ったけれど、滞在期間短く、数本囓っただけで終わってしまいました。ま、これは種をとるために残していたものなんで、食べ尽くしてもいけないんですけどね。

もし、畑に大根がある方は、食べてみてくださいませ。あと、ものすごくおいしいかというと、思ったよりはおいしい程度なので、過度の期待はされませんように。
| ハーブ&ベランダ菜園 | comments(0) | - |
広告
 1/10PAGES >> ■ スマホ版へ切り換える