セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

セニョーラ・あ〜のブログです。
嬉しいお土産!バルセロナのチョコレート
c01.jpg

こういうお土産は嬉しいんですよねえ。スペイン・バルセロナ帰りの方からいただいたチョコレートです。 

c02.jpg

パッケージの包みは、保冷剤などの水滴がついても大丈夫なポリエチレン(?)製。

c03.jpg

1875年創業のチョコレート屋さん「チョコラテス・ブレスコ(Chocolates Brescó)」のものです。ガウディ建築で有名なカサ・カルベの1階にそのショップ&カフェがオープンしたとのことで、買ってきてくれました。

※「チョコラテス・ブレスコ」のショップ&カフェの様子は、「スペインの木」ブログの記事「カサ・カルベCasa Calvetのチョコレート屋さん」が写真入りで詳しいです。

c04.jpg

チョコレートの箱のイラストが、しっかりバルセロナしてますね。ガウディ建築のモザイクを中心に街のランドマーク的な建物や塔をデザインしていて、文字はミロ風、シルエットには、サグラダファミリア、カタロニア美術館、コロンブスの塔、ホテルアーツのビルなどなど。いいな〜、楽しいな。

c05.jpg

ボンボンチョコレートにも、ガウディっぽさを探したりして…。この曲線はカサバトリョの屋根の装飾に似てる〜。

c06.jpg

この渦巻きは、天井のレリーフだ〜!(こじつけ)

c07.jpg

なんて言いながら、それぞれ違う表情のチョコレートを眺め

c08.jpg

最初に選んだのは、白いココナッツファインがちりばめられたボンボン。中にはココナッツ風味のプラリネが入っていました。滑らかでおいし〜。まさに口福。ごちそうさまでした。

そうそう、家庭画報2014年7月号には、「ガウディの軌跡を巡る旅」が載っていますね。カラーページで見応え読み応えたっぷり。




| バルセロナ | comments(0) | - |
スペインのアーモンドチョコ「catanies」
c01.jpg

スペイン・バルセロナ帰りの友人から、お土産にBombons Cudiéのアーモンド・チョコレート「catanies」をいただきました。くふふ、嬉しい。

c02.jpg

こんなパッケージに入っていました。すっきりとしたデザインでわたし好み。

c04.jpg

中袋を開くと

c06.jpg

アーモンドチョコがごろごろ。たしか、クレマカタラナ風とか言ってたような…。

c07.jpg

表面にココアパウダーがまぶしてあって、形がごつごつと微妙に違います。手作りなのかな?

c08.jpg

カリッと噛んで断面をみると、アーモンド(おそらくマルコナ種)がクリーム色のプラリネでくるまれています。アーモンドは飴でコーティングされていてカリカリ。プラリネはカスタードクリームのような気がしないでもない。

だからクレマカタラナ風なのかな。初めて食べるお菓子なんだけど、なんか以前も口にしたことがあるような気がするな〜と、もぐもぐと食べながら記憶をたどっているうちに、思い出しました。

横浜のシルクアーモンドだ!

そう、あのシルクアーモンドの大型バージョン、スペイン版といった感じです。まわりはシルクパウダーじゃなくて、ココアパウダーだけど、構成がティラミスチョコ系で同じなんですよね。

と書いてから、さらに合点がいきました。そうか、イタリアじゃなくてスペイン(カタルーニャ)だから、ティラミスじゃなくてクレマカタラナなんだ! ひょっとして、ティラミスチョコの原型がこれだったりして? いやその逆か?(勝手な妄想です)



いやはや味の記憶とは面白いもんです。でもって、味の記録も面白いです。昨年は横浜シルクアーモンド、2009年には初めてティラミスチョコを食べて感激したことを当ブログに書いていました。

そうか、すべてはこのアーモンドチョコ「catanies」につながっていたのか…。しみじみ。ごちそうさまでした。

【関連記事】

日本新聞博物館で横濱シルクアーモンドを買う。(2013)

ティラミスチョコは大袋で。(2009)

【参考リンク】

「bombons Cudié」サイト


| バルセロナ | comments(0) | - |
バルサ優勝!チュロスで乾杯?


FCバルセロナ、やりましたね。
クラブワールドカップで優勝し、
今年6つめのタイトルを手にしました。
とれるタイトルはすべてとったことになります。

「まったくメッシはおいしいとこもってくね〜」

と、興奮してるのはわたしじゃないんですけど、
おもわず作ってたチュロスをミニバルサグラスに入れて
「おめでとう」と乾杯してしまいました。

サッカーショップ加茂もFCバルセロナ特集です。
もこもこしてるけどバルセロナ ミディアムフィルジャケット
バルセロナ ボンボン ニットキャップがほしいです。
今の時期、あったかそう。
あと、「バルセロナ MY箸」なんてのもいいなあ。

【サッカーショップ加茂】2009バルセロナ特集

さて、バルサ選手も食べてるであろうチュロスです。
今まで何度かチューロは作りましたが、
チョコレートソースをつけて食べるっていうのは
やったことがなかったんですよ。

今回は、カカオサンパカで買ったフレーク状の
「ショコラタ」が残っていたので、それで作ってみました。
別に、板チョコでもなんでもいいんですけれどね。

チョコレートソースといったって、耐熱ボールに
ショコラタと大さじ1ぐらいの牛乳を入れて
電子レンジでチンして柔らかくし、少しずつ牛乳を加えて
伸ばしただけですけどね。
(板チョコの場合は削っておけば大丈夫)



揚げたチュロスをお皿に盛って・・・



ソースにつけて、いただきま〜す。



うまい!(笑)(自画自賛)

チュロスだけでもおいしいのに、
チョコレートをつけると、うまさ爆発です。

チョコレートフォンデュというのが流行ってるらしいけど
いちごやバナナ、マシュマロのついでに、
ぜひ手作りチュロスも加えてほしいですね。

面倒?
いや、意外に簡単なんだからぁ。

作り方はスペイン料理簡単レシピ集の「チュロス」
ご覧いただくとして
(今回の写真を加えてバージョンアップしています)
違うのは星型口金を8切りにしてみたこと。

今まで星形口金は4切りか6切りを使っていたのですが
もっとギザギザの多い8切りにしてみたのです。
そしたら生地の表面積が増えたせいか、
さらにカリッと仕上がりました。





絞り出すには少々、チカラが入りますが、
頑張って馬蹄形にするとよりチュロスらしいかな?

クリスマスにチュロス。いかがでしょう。



<What's New!>
12/20 trend「スペシャリテ紀行」追加
| バルセロナ | comments(2) | - |
広告
 1/5PAGES >> ■ スマホ版へ切り換える