セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

セニョーラ・あ〜のブログです。
嬉しいお土産!バルセロナのチョコレート
c01.jpg

こういうお土産は嬉しいんですよねえ。スペイン・バルセロナ帰りの方からいただいたチョコレートです。 

c02.jpg

パッケージの包みは、保冷剤などの水滴がついても大丈夫なポリエチレン(?)製。

c03.jpg

1875年創業のチョコレート屋さん「チョコラテス・ブレスコ(Chocolates Brescó)」のものです。ガウディ建築で有名なカサ・カルベの1階にそのショップ&カフェがオープンしたとのことで、買ってきてくれました。

※「チョコラテス・ブレスコ」のショップ&カフェの様子は、「スペインの木」ブログの記事「カサ・カルベCasa Calvetのチョコレート屋さん」が写真入りで詳しいです。

c04.jpg

チョコレートの箱のイラストが、しっかりバルセロナしてますね。ガウディ建築のモザイクを中心に街のランドマーク的な建物や塔をデザインしていて、文字はミロ風、シルエットには、サグラダファミリア、カタロニア美術館、コロンブスの塔、ホテルアーツのビルなどなど。いいな〜、楽しいな。

c05.jpg

ボンボンチョコレートにも、ガウディっぽさを探したりして…。この曲線はカサバトリョの屋根の装飾に似てる〜。

c06.jpg

この渦巻きは、天井のレリーフだ〜!(こじつけ)

c07.jpg

なんて言いながら、それぞれ違う表情のチョコレートを眺め

c08.jpg

最初に選んだのは、白いココナッツファインがちりばめられたボンボン。中にはココナッツ風味のプラリネが入っていました。滑らかでおいし〜。まさに口福。ごちそうさまでした。

そうそう、家庭画報2014年7月号には、「ガウディの軌跡を巡る旅」が載っていますね。カラーページで見応え読み応えたっぷり。




| バルセロナ | comments(0) | - |
広告
 1/13PAGES >> ■ スマホ版へ切り換える