セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

「美味しい」「楽しい」「美しい」を
セニョーラ・あ〜が食いしん坊目線でご紹介。
スペインの白かびサラミ「フエ」
0120a.jpg

ハモン・イベリコと一緒に盛りつけているのは、フエ(FUET)というスペイン・カタルーニャの細長いドライソーセージです。白かびで覆われたサラミみたいなもん。

バレンシア・スペイン語学留学情報サイトを運営されているChinatsuさんからいただきました。うれし〜。CASA TARRADELLAS社の「フエ・エキストラ(FUET EXTRA)」。

0120b.jpg

腸詰めの先が紐で縛られていて、おそらくこの紐でつり下げて乾燥・熟成させていたんでしょうね。

フエが入ってた透明な袋には、自然な乾燥・熟成を促すためでしょうか、数カ所に丸い空気穴がありました。生きてるんですよねえ。本場もんです。

0120d.jpg

表面には白かびがびっしり。初めてだとひるみそうになるけど、これが旨みのもとなのですよ。白かびに覆われたカマンベールチーズを連想していただくとわかると思うのですが、あの風味です。

0120c.jpg

日がたつにつれて水分が少しずつ抜け、硬くなっていきますが、旨みも凝縮されるみたいで、わたしは硬めのドライが好き。

薄く切って、口に入れると、白い脂肪と赤身の肉から、甘みのある肉汁がじゅわっと染み出て、カマンベールのような芳香がふんわり。噛めば噛むほど、ん〜おいしいなあ。腸詰の皮が残ることがあるけど、気にしない。チューインガムみたいにかみ続けたいぐらいです。(←皮はむいて食べるそうです。失礼しました)

0120e.jpg

赤ワインがすすみます。すすんで困ります。あとをひくおいしさなんですよね。あっという間に食べきってしまいました。ああ、また食べたいなあ。

☆☆☆☆☆☆

と、書いていたのは2013年1月20日のこと。あれから輸入品を多く扱うスーパーなどで見かけると時々買っております。

つい先日は、グルメソムリエで生ハムやチーズをお取り寄せするついでに「フエ」をゲット!

フエ・エキストラ

白カビ熟成のサラミ「フエ・エクストラ」(グルメソムリエ)


スペイン ナバラ州 ゴイコア(GOIKOA)社のフエです。

グルメソムリアからお取り寄せ

冷凍便で届きました。送料の関係で、できるだけまとめて購入するようにしているんです。届いたらそのまま冷凍で長く保存できますからね。

フエ

フエ・エクストラは長さ24cm。直径は2.5cm〜3cmくらいです。150g。

フエ・エキストラ

これにも紐が付いていました。

白かびサラミ「フエ」

この白かびの表面に赤い断面。これこれこれですよ。そのままおつまみにしたり、刻んで炒め物や煮込みにも使いました。少し入れるといい出汁がでるんです。

今回グルメソムリエで購入しましたが、成城石井やAmazonでも販売されていますね。

スペイン アルガル フエ カリダ エクストラ 140g(成城石井)

アルガル社 フエ カリダ エクストラ 140g(Amazon)

どこかで「FUET」と書かれている白かびサラミを見かけたら、お試しくださいね。


| 食品 | comments(2) | - |
ベルメゾンの「野菜のホットスムージースープ」でからだも心もぽっかぽか
hot001.jpg

暑さが収まり朝晩ひんやりしてくると、あったかいスープが恋しくなりますね。ベルメゾンで人気の「野菜のホットスムージースープ」が再販されています。

以前サンプルでいただき、さっそく味わってみたところ、ふわとろのクリームスープで、うまーい! インスタントのくせして、おぬしなかなかやるな〜的な美味しさだったんでご紹介しますね。

以下、そのときのレポートです。(パッケージが一部変更になっています)

お湯を注ぐだけのホットスムージースープ

hot002.jpg

そもそもこの商品を見たとき、ホットスムージースープってなに?って真っ先に思いましたね。スムージーって野菜ジュースみたいなもんじゃないですか。それがホットで、なおかつスープなわけですよ。ただの野菜スープじゃなさそうだけど…。

と思って、ぐぐってみたら、あら〜ん他社からもホットスムージースープって出てるんですね。知らなかった…。驚くほどのネーミングではなかったのね。食品情報に疎くてゴメンナサイ。

ま、なんにしても、飲んだことがないので、百聞は一見に、いや一食にしかず。ぐだぐだ言ってないで飲んでみましょ。

hot007.jpg

ベルメゾンの野菜のホットスムージースープには、5種類の味があるのですが、そのうち「とうもろこし」味をチョイス。

hot008.jpg

開封すると中身は粉末でした。最近はフリーズドライになったものが多いけれど、粉なんですね。

hot009.jpg

器に入れるとけっこうな量。正確に言うと20.6gのパウダーです。

hot010.jpg

そこに沸騰したお湯160mlを注ぎ、同時にかき混ぜます。

hot011.jpg

ぐるぐるかき混ぜると、ぶくぶくふわふわと泡立ちます。面白い。これがスムージー独特の空気を含んだ食感になるのでしょうか。

hot012.jpg

と思っていると、そのうちあわが落ち着いて、とろとろスープになりました。とうもろこしの香りが漂って美味しそう。

いっただきまーす!

うほほ、とろっとろの滑らかな舌触りがたまりません。とうもろこし味でありながら、複雑にからみあう野菜のうまみ。まさにホットスムージースープです。

って、わかったようなことを言っていますが、味わいに関しては、よくあるコーンポタージュとそう差違はないものの、とうもろこしだけじゃない、とうもろこしと野菜が調和した奥深いコクが感じられるんですよね。

hot013.jpg

これなら焼いたバゲットパンなどを添えて、充分朝食になり得ますね。お湯をミルクに換えれば栄養面もばっちりです。

トッピングでボリュームアップ

さらにさらに、とろけるチーズなんぞを加えれば、夕食時にの一品にもなりますよ。

hot014.jpg

ココットでホットスムージースープを作り、パンとチーズをのせ、オーブントースターで3分ほど焼くだけです。

hot015.jpg

パセリをふりかけて、おほほ、コーングラタンスープの出来上がり。

hot016.jpg

パンにスープが染みこんでふわふわ、なおかつとろーりチーズがからんで、ウマウマです。

このパンとチーズの組み合わせは、おそらく他の野菜のホットスムージースープとも相性はいいんじゃないでしょうか。

パンだけでなく、ご飯を入れて洋風おじやにしても美味しいだろうし、ショートパスタやゆで野菜などを加えても、ボリュームが出て味の変化が楽しめそうです。いろいろ試してみたいな〜。

1箱に5種類×4食分のわくわく

hot006.jpg

ベルメゾンの「野菜のホットスムージースープ」は、とうもろこしの他に、かぼちゃ(にんじん)、ほうれん草、トマト、きのこ味があって、1箱に4食分ずつ計20袋入り。

hot005.jpg

きょうはどれにしようかな〜、と選ぶのも楽しいセットですね。

hot004.jpg

かぼちゃ味は、ほくほくのかぼちゃの甘みの中に、ぴりっと粗挽き黒胡椒がきいたスープのようだし…(→にんじんに変更)

hot003.jpg

ほうれん草味は、ほうれん草などの緑の野菜にクロレラを加え、チキンエキスにセロリの香りのようだし…。

う〜ん、迷う〜。

どれも16種類以上の野菜が使われて、食物繊維も0.6gとわずかながら入っていますからね、からだにもよさそうです。

ベルメゾンのロングセラー商品「スープなしあわせ」とはまた違った魅力の「野菜のホットスムージースープ」。この冬は、とろとろふわふわのあったかスープで、ほっと一息いたしましょ。

【商品詳細・販売先】



野菜のホットスムージースープ(ベルメゾン)

【関連記事】

ベルメゾン「スープなしあわせ」と「ぎゅっとしあわせ」


| 食品 | comments(0) | - |
赤肉メロン「マルセイユ」
melon01.jpg

赤肉メロンといえば、夕張メロンかクインシーメロンくらいしか思い浮かびませんが、今はいろいろあるんですね。

melon02.jpg

福井から送っていただいたメロンは「マルセイユ」。なんでマルセイユなのかわかりませんが、表面に筋が入っているのが珍しい。バスケットボールみたいです。

melon03.jpg

ちゃんとデコボコしたメロン独特の網も入っていながら、緑の筋の部分は少しへこんで溝になっています。

マルセイユメロン

切ってみると色鮮やかなオレンジ色。芳醇なメロンの香り。

melon04.jpg

果肉部分が分厚くて皮が薄いですね。食べるとこ多くて嬉しい。

melon05.jpg

そして、あっま〜い! ほんと甘くて柔らかくて美味しい。

たまに見た目はよくても、味のうっすい瓜のようなメロンってありますからね。これはもう申し分のない見事なメロン。

はやる気持ちを抑えて、ちゃんと食べ頃の日まで待った甲斐がありました。ごちそうさまでした。


【関連記事】

パパイヤメロンとマーブルメロン


| 食品 | comments(0) | - |
広告
 1/56PAGES >> ■ スマホ版へ切り換える