セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

セニョーラ・あ〜のブログです。
豆のスープと「愛と胃袋」
mame01.jpg

いんげん豆を一晩水に浸し、ことことと煮ただけの素朴なスープです。味付けは塩だけ。豚しゃぶで残ったスープを加えて煮ました。バスクではチョリソを加えて、オリーブオイルをちょっとたらす。そんなスープが家庭ではよく作られているようです。

今月、NHK BSハイビジョンでやってる「プレミアム8」愛と胃袋(4回シリーズ)が面白いですね。女性の直木賞作家4人がヨーロッパの田舎の食を取材し、小説を書き、それをドラマ化してみせるというもので、10月19日は角田光代さんのスペイン・バスクでした。

美食の街だから、さぞやおいしいものがたくさん!と思ったら、意外にも主役は「豆とチョリソのスープ」。もちろん、ピンチョスやレストランの料理やいろいろ出てきたのだけれど、バスクらしい料理は?と尋ねると皆「豆」「豆」と応えるのです。バスクの豆スープは、日本のおふくろの味「味噌汁」ってところでしょうか。



取材先はサンセバスチャンの旧市街のバルと新市街のバル、レストラン「スベロア」と「ムガリッツ」、会員制美食倶楽部ソシオや仔牛の炭火焼きのお店など、バスクらしい食の現場の連続で見応え充分でした。

また、ドラマの原作となった作品は、すでに短編集「チーズと塩と豆と」として出版されていて、それも読んだのですが、ドラマとは違った構成でよかったですね。さすが直木賞作家。おいしいもの食べてても見所が違います。現地での取材や体験を、なるほどそうもってきたか、とうなりましたね。

角田さんのバスクは、10月26日12時30分から再放送(見逃した方はぜひ)同日20時からは江國香織さんのポルトガルです。江國さんのはもう小説を読んじゃったのだけど、どんな取材でどんなドラマになっているのでしょう。楽しみです。

【参考リンク】
テレビで見かけたスペイン料理「愛と胃袋 スペイン・バスク」
| テレビ・映画・舞台 | comments(2) | - |
広告
 1/40PAGES >> ■ スマホ版へ切り換える