セニョーラ・あ〜の気ままな食卓
スポンサードリンク
表示の記事
テーマ別記事
過去記事
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

A.diary ほっと一息おうちバル

「美味しい」「楽しい」「美しい」を
セニョーラ・あ〜が食いしん坊目線でご紹介。
エッシャー展のおいしいミュージアムグッズ(クッキーと飴)
e001.jpg

上野の森美術館で開催中(2018年6月6日〜7月29日)の「ミラクル エッシャー展」に行ってきました。例によって、おいしいミュージアムグッズ(展覧会のみやげ菓子)を買ってきましたのでご紹介しますね。

ゲットしたのは、クッキーとキャンディ(上野限定)です。イスラエル「MAX BRENNER」のチョコレートは品切れでした。うう、数量限定だったのでしょうか。ま、あったとしても1,800円なんで躊躇したかもしれませんが…。


エッシャー展のクッキー

e006.jpg

クッキーのパッケージです。「ミラクル エッシャー展」の応援マークを作った野老朝雄(ところ・あさお)さんのデザインです。野老さんといえば、2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムがおなじみですね。

エッシャー展の応援マークは錯視を利用した文字や絵になっていて、トートバッグやTシャツ、缶バッジなどの展覧会グッズに使われているのですが、クッキーもそのひとつ。

e007.jpg

e011.jpg

e009.jpg

e008.jpg

e010.jpg

いわゆるプリントクッキーで、5種類2枚ずつ計10枚入りです。1,000円也。

e012.jpg

クッキーはプレーンなミルク味で普通に美味しいというレベルですが、個包装なのでお土産のお配り用に良さそうです。「なんじゃこりゃ」の図形が目を引きます。


上野限定のキャンデー

e013.jpg

バルセロナ発の金太郎飴「パパブブレ」のキャンディーもミュージアムグッズになっていました。エッシャーのシールが張ってあるだけじゃないんです。

e014.jpg

ちゃんと「ESCHER」の文字が飴で描かれていて、上野の森美術館限定だけあって、上野動物園でおなじみのパンダが絵柄になっています。

e015.jpg

飴はフルーツ味で、色によって味が少しずつ違うのですが、じゃあ何の味だ?と言われると、よくわかりません(汗)ライムのような、レモンのような、ストロベリーのような…? 40g入りで800円です。


ミラクル エッシャー展公式図録

e002.jpg

ついでに図録もご紹介しておきますね。なんせ作品が全体的に小さいし緻密だし、混んでいるとじっくり観ていられないので、出展作品全152点が掲載された図録は買わずにはいられなかったんですよ。

ブックバンドが付いているのですが、4種類あって選べます。ちなみにこれは、白×グレーです。レジでいきなり「ブックバンドの色はどれにしますか?」と聞かれて、とっさに選んだのがコレでした。気に入っているけど、赤×白でもよかったかな〜。

e003.jpg

裏表紙は、階段が描かれたリトグラフ「相対性」。

e004.jpg

糸かがり製本になっていて、ぺたんと180度開きます。

e005.jpg

手で押さえなくてもいいので、見やすい、開きやすい!
公式図録は2,700円です。


体験型コンテンツもある

e016.jpg

今回のエッシャー展は、イスラエル博物館所蔵の作品が中心。だまし絵はもちろん、その元になったであろう初期の風景画が素敵でした。

あと、絵巻のような「メタモルフォーゼ鵺」も、「エッシャー半端ないって」と言いたくなる大作でした。いやほんと。

「文字から始まって、四角になって、トカゲになって、六角形になって、蜂の巣になって、蜂が飛んで、魚になって、鳥になって、海岸の街になって、チェスのコマになって、四角になって、文字に戻っていくんだもん。そんなんできひんやん、普通」ってね。

そして、グッズ売り場を出たところには「体験型映像コンテンツ」として「相対性」の絵の中に自分を入れて撮影できるコーナーがありました。多くの人が並んでいたのでパスしましたが、外の看板の前にあった銀の玉(球面鏡)のコーナーでは、撮影してきましたよ。

e017.jpg

銀の玉を持つと、ちょうどエッシャーの「写像球体を持つ手(球面鏡の自画像)」のように写るのです。球面鏡を持ってパシャリ。うふふ、楽しい!

上野の森美術館での「ミラクルエッシャー展」は、いよいよ7月29日まで。その後、大阪(2018年11月16日〜2019年1月14日)、福岡、愛媛と巡回するようです。

【関連リンク】

上野の森美術館サイト

エッシャー展サイト


| 美術展の食とスイーツ | comments(0) | - |
東京スカイツリーのキルフェボン(桃のタルトといちごのタルト)
ki01.jpg

東京スカイツリータウンソラマチのキルフェボンで、桃のタルトといちごのタルトを買ってきてもらいました。

ki02.jpg

焼き菓子を買ったときもこの箱に入っていましたが、タルトも同じなんですね。宛名を書いて送りたいキモチになるパッケージです。

ki03.jpg

保冷剤と一緒にタルトがふたつ。ソラマチ店で購入するとスカイツリーのピックがついてきます。

ki05.jpg

桃のタルト。6月から8月までの夏限定です。バター風味豊かな錬りパイのタルト生地にカスタードクリーム、その上に薄くスポンジが敷かれて桃の果肉ががたっぷり。1ピース679円

ki04.jpg

定番のイチゴのタルト。カスタードクリームといちごのデコレーションに、ピスタチオのつぶつぶが中央にぱらり。いちごが重なるように盛られてボリュームがありますね。1ピース676円。

ki06.jpg

そして他にはないスカイツリーのピック。これ、食べ終わったらピンチョスの串に使ってもいいかも。

ki07.jpg

もうね、どれをとっても美味しくないわけがない! フルーツたっぷりでタルト生地はサクサク。ぺろりと食べられてしまうんですね。桃、ホントにおいしかったよお。

ki08.jpg

夏限定のメニューはこの桃のタルトのほかに、南国フルーツのタルトやイチジクのタルトなど20種類ほど。店舗限定タルトもあるので、いったい何種類あるんでしょうね。

ki09.jpg

それに7月いっぱいは桃づくしの「ピーチフェス」開催中。いろんな桃のタルトが登場するようです。季節ごとに楽しめるキルフェボン。また買ってきてもらいましょ。いや、こんどは私が買いに行きましょうかね。選ぶのも楽しそうだから。


【お店リンク】

「キルフェボン」サイト


| スイーツ | comments(0) | - |
赤肉メロン「マルセイユ」
melon01.jpg

赤肉メロンといえば、夕張メロンかクインシーメロンくらいしか思い浮かびませんが、今はいろいろあるんですね。

melon02.jpg

福井から送っていただいたメロンは「マルセイユ」。なんでマルセイユなのかわかりませんが、表面に筋が入っているのが珍しい。バスケットボールみたいです。

melon03.jpg

ちゃんとデコボコしたメロン独特の網も入っていながら、緑の筋の部分は少しへこんで溝になっています。

マルセイユメロン

切ってみると色鮮やかなオレンジ色。芳醇なメロンの香り。

melon04.jpg

果肉部分が分厚くて皮が薄いですね。食べるとこ多くて嬉しい。

melon05.jpg

そして、あっま〜い! ほんと甘くて柔らかくて美味しい。

たまに見た目はよくても、味のうっすい瓜のようなメロンってありますからね。これはもう申し分のない見事なメロン。

はやる気持ちを抑えて、ちゃんと食べ頃の日まで待った甲斐がありました。ごちそうさまでした。


【関連記事】

パパイヤメロンとマーブルメロン


| 食品 | comments(0) | - |
広告
 1/398PAGES >> ■ スマホ版へ切り換える